読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むにゃろぐ

夢日記など

12がつ24

学校のでなにかテストを受けている。資料が配布されるんだけどボロボロで読めない。週刊誌からも引用されていてこんなのなんのためになるんだと思う。前半はスラスラ解けるが日が暮れてきて文字が読めなくて書けない。

現実とごっちゃになって水と氷が減ってきたのを気にしている。

12がつ20

東京にいる。駅直結の大きなデパートの中で迷い、一階に行くと民家になっていて引き返そうとするがそこはクロークらしくてコートを預ける。東京の知り合いに遊ぼうと連絡して、返事を待つ間に中をぐるぐるする。
二階の食品売り場にいくと水溜りボンドがいてめちゃくちゃ盗撮する。私が500円玉を落とすとトミーが拾ってくれてうれしくて抱きつくと抱き上げてくれた。
さらに上の階に遊びに行くけど人が全然いなくて怖くて降りてくる。知り合いから返信があったので出ようと思うが、コートをクロークに預けたままなのを思い出して、もう一回あの場所に辿り着くことができるだろうかと悩む。

12がつ15

送迎の車の中で知らない街を走ってる。途中車の外からバイト先の女の子に呼び止められ、お互い早上がりだから唐唐亭(つけ麺屋)に行こうと言われるけどもう車に乗っちゃったからめんどくさいわーと断る。


旅館のようなところに来ている。たまたまいた石原裕次郎とLINEを交換して彼の部屋に呼ばれ、セックスの手前まで行くが私に急用が出来て行かなければならなくなる。

戻ると何故かそこで働くことになっている。電話が鳴って他の人が取ったので石原裕次郎からかな?と思ったが私がめちゃくちゃ嫌いな客が今から来るという連絡で絶望する。そういえば早めに送迎に乗ったので(前の夢の記憶がある。もしかしたらつながっているのか?)本来ならまだ店が空いてない時間なのでお引き取り願う。

時間が現代なので、あれは石原裕次郎のそっくりさんなのか?あのLINEはなんなのか?とぞっとする。

12がつ7

家で寝てると、イヤな金属音のあと耳元に息を吹きかけられ手で防ごうとすると金縛りに遭う(これは多分夢)


みのもんた大竹まことと私でタモリ倶楽部みたいなことをしている。撮影地がTV局のセットじゃなくて別荘地の奥の方にある豪邸で、わたしは探検したいと思うけどいろんな人が間借りしてるらしくてやめた。トイレが広くて使いにくい。みのもんたの携帯がバキバキに割れている。

庭に出るとブランコがあって、生垣のすぐ向こうが海になっている。ここから飛び込むこともあるんですよと言われるが、海の中に杭が刺さっていて 杭と杭の間に有刺鉄線が張られていて 刺さっていたそうだなと思う。

ブランコで子供が遊んでいるので、立ち漕ぎを怖がってる女の子をわざと押したり回したりして苛めるが、みのもんたの前では可愛がる。

11がつ26

わたしが親戚に古めの空き家に住むバイトを紹介してもらうと、そこには既に山田孝之っぽい男が1人住んでいる。その人も訳ありで住んでいるらしい。家中が暗いので、iPhoneのライトを使ってスイッチを探す。
なぜかもう1人星野源っぽい男が入居してきてこいつ嫌いだなと思う。
一階は玄関、10畳くらいの和室とキッチンだけで、二階は6畳くらいのコタツが置いてある和室と部屋が二つある。三階は小さい部屋とベランダになっている。
二階の部屋になぜか高校の制服がかけてある。高校生という設定…?
私がベランダで煙草を吸っていると、山田孝之っぽい方が上がってきて、偶々ふたりになってセックスしてしまう。他人の唾液が乾いた時特有の匂いまで再現されていた。
みんなで話してると星野源ぽいほうもなかなかいい奴で、結局そっちともセックスしたら(手マンがへたくそだった)山田孝之のほうに目撃されて空気が悪くなる。

私の先輩とその友達を呼んだら藤原紀香っぽい人が付いてきてごちゃごちゃ言われ、こいつ嫌いだなと思う。

そのあと見た夢で、上の夢を説明するシーンがあって明晰夢まであと少しという感じがする。。

11がつ24

私は知らない女性にマインドコントロールされていて、それから逃げるために兄と血が繋がってない姉と海外に逃げる。兄が用意した変な家(トイレが10個くらいあるのに部屋は8畳くらいのがひとつだけ)で暮らすけど、不法滞在がバレて追い出される。家族が散り散りになると言われて、姉に抱きついて泣く。

11がつ10

回転寿司に来ている。隣の席にAV男優が団体で座って来て、わたしの好きな田淵正浩さんもおられたので握手してもらって、なぜかその場でセックスすることになる。コンドーム持ってなかったのでストッキングの上から挿入したけど精子が裏ごしされただけだった。ピル飲んでないからアフターピル貰いに行こうかなと考える。